株式会社サンモリッツアーツは「特定非営利活動法人 Forest」さんが運営する「カンボジア チェイホーム」に「ディノバーン」を寄贈させて頂きました。

 

ディノバーンで遊ぶカンボジアの子供たちの様子はForestさんの記事をお読みください。

 

 

「ディノバーン」がカンボジアの子供たちの成長に一役かっています

Forestさんのお話しによるとカンボジアには大人になっても図面はおろか地図も読めない人も多いそうです。

それは子供の頃からそれらを養う教育や環境がないことが、その一因でもあります。

 

そんなカンボジアの子供たちの為に「ディノバーン」が一役かう事ができると思います。

ディノバーンは組み上がったパズルから恐竜が飛び出すことで、空間認識能力も養われますから、遊んでいるうちに自然とそれらが身につくのです。

なのでチェイホームの子供たちには、どんどんディノバーンで遊んでほしいです。

彼らの将来に少しでもディノバーンが役立つことを願っております。

 

▼特定非営利活動法人 Forestさんのホームページ▼

http://forest-japan.org/wp/

 

 

ディノバーン!あなたはどちら派?

「空間認識能力」の話しが出ましたので、補足として少しお話ししたいと思います。

実はディノバーンを攻略するのに右脳で解く人と左脳で解く人に分かれるんです。

空間認識能力を駆使した右脳派、算数脳で論理的に攻略する左脳派!

ということは、ディノバーンをやることにより右脳・左脳の両方を鍛えることも可能なんですね。

なんて、優れものディノバーン。

脳の発達と脳の健康維持に役立つディノバーン。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。